企業が新卒を求人するメリットとは

高校や大学を卒業した人が就職活動をするときは、いわゆる『新卒』という扱いになりますが、求人を出している企業にとって、新卒者を採用するメリットとはどういったものがあるのでしょうか。ひとつには、組織の活性化という側面が挙げられます。企業を構成している人材の年齢分布を調整する目的です。経験の有無という観点からすると業界や業務を経験している中途採用の求人を出すほうが効率的を思うかもしれませんが、それでは、企業にいつまで経っても若い人材が入ってこなくなり、経験や知識を継承する人がいなくなってしまいます。それはすなわち企業の存続に直結する問題になるのです。さらには、経験者を採用するにはそれに見合ったコストが必要になります。新卒の場合は、優秀と思われる人材を比較的低いコストで採用することが出来るのです。逆に言うと、将来性のある若い人材は新卒でなければ採用のチャンスを逃してしまう、ということになります。そのため、企業は新卒採用に力を入れているのです。