求人広告の効果を高めるポイントとは

景気が良くなっている実感はあまり肌では実感できていないものの、求人倍率は増加しつつあります。そのため、応募する側が企業を選ぶというシーンが多くみられるようになりました。特に新卒者は企業を厳しく評価する傾向にあります。その最たる理由は、ニュースなどで労働基準法を守らず社員を酷使する『ブラック企業』が話題に上るようになったからです。求人広告を出すにもコストがかかりますから、できるだけ多くの応募が欲しくなります。自社の求人広告により多くのレスポンスを求める場合は、一つ一つの文言に注意しなければなりません。例えば、完全週休二日制と週休二日制の違いを理解している人は多くありません。週休二日制を土日が休みであると勘違いする人もいるでしょう。ですので、具体的に休みはどのようなシステムになっているのかを明記するようにします。また、年俸制を具体的に理解している人も同様に多くありません。これも一例をあげて簡単に説明するなどの配慮が求められます。残念ながら企業側がそこまでしなければ、求人広告のコストパフォーマンスは上がらない時代になったと言えます。